このホームページはFCSC(福岡がんサポートセンター)が管理運営しています。がん・バッテン・元気隊の情報を中心に、情報発信をしています。


空タグ
 

トップ > 治療体験談&本の紹介 > 書評(春菜のおくりもの 〜わが子を亡くした人たちへ〜)

    春菜のおくりもの 〜わが子を亡くした人たちへ〜



春菜のおくりもの 〜わが子を亡くした人たちへ〜

   共著:高松真理子+波多江伸子
   出版社:梓書院
   頁数:253ページ
   ISBN-13:978-4870351394
   発売日:2000年6月20日
   定価:1,543円

   
   3歳の娘を脳腫瘍で亡くした高松真理子さんとの往復書簡を中心に、波多江伸子が構成した子どもの死と家族の物語。

 真理子さんは、春菜ちゃんを看取ったあと、自分も脳梗塞で倒れ、左半身まひになります。中学校の美術教師としての仕事も休職を余儀なくされ、追いつめられた日々ですが、夫や両親、子どもたちに支えられて少しずつ「不運のてんこ盛り」みたいな人生を元来の元気さで受け容れていく過程に、読者は救われます。

 小児がんの子どもを持つ親の感情を余すところなく伝える高松さんの芸術家の魂がこもった力強い文体を生かしたい、彼女の独自の感性を伝えたいと、私はなるだけ控えめで客観的な立場で全体を構成してみました。

 表紙は、春菜ちゃんが好きだったうさぎのオルゴールを、真理子さんが描いたもの。

 小児がんの支援活動をしている佐藤律子さん(「種まく子どもたち」の著者)のホームページには次のような紹介文(抜粋)が掲載されました

「体験談集はそれぞれに切なく、こころのこもったものが多いけれど、 この『春菜のおくりもの』はその中でも特に私の心に響く一冊。 愛娘春菜ちゃんの死をいのちをかけて怒り、悲しむ真理子さん。 帝王切開を2度経験しているにもかかわらず、3人目を命がけで出産。
 生まれてきた子を抱いて、春菜ちゃんとは違う感触に、 「あんたを春菜ちゃんの代わりにしようとしてごめんね・・・」と泣きながらわびる。 彼女を支える夫・徹也さんとの会話もしみじみといい。
 波多江伸子さんの温かく、客観的な文章。双方の魅力かもしれない。 重いけれど、幾度となく読み返した一冊。「メイク・ア・ウィッシュ」や子どもを亡くした親の会の情報が掲載されているのも、嬉しい。」


(書評:波多江 伸子)
    ※ほかのブックレビューも読んでみる

  九州がん患者団体ガイドブックそばにいるね2010年度改訂版 妻を看取る日 がん患者、お金との闘い 65歳のがん治療日記
  病気になった時に読むがん闘病記読書案内 モルヒネはシャーベット さようならを言うための時間 からだに寄り添う
  春菜のおくりもの 九州がん患者団体ガイドブックそばにいるね2014年度福岡県版 わたしも、がんでした もしもがんが再発したら
  がんになったら手に取るガイド