このホームページはFCSC(福岡がんサポートセンター)が管理運営しています。がん・バッテン・元気隊の情報を中心に、情報発信をしています。


空タグ
 

トップ > 治療体験談&本の紹介 > 書評(65歳のがん治療日記)

    65歳のがん治療日記 〜余命半年。それでも私は幸せだった〜



65歳のがん治療日記―余命半年。それでも私は幸せだった

   著者:河本勝昭
   序文:岸本葉子
   出版社:佼成出版社
   頁数:333ページ
   ISBN:978-4333024445
   発売日:2010年4月
   定価:1,512円

   
   河本勝昭さんは、2010年1月にスキルス胃がんのために亡くなりましたが、彼の冷静で率直なブログでの闘病記はたくさんの読者に応援されていました。
 私も、彼のブログの愛読者で、ほぼ毎日更新される闘病の様子に、一喜一憂していたものです。

 河本さんは、自分の病気や治療のことをよく調べ理解していたので、自分の生き方に合った治療法を選んで、納得できる道を進んで行かれました。

 河本さんは、アマチュアの小説家でもあったので、言葉の選び方が的確でとても分かりやすい文章です。これまでの人生を、家庭も仕事も大事にして生きてきた、そしてまだ十分な余力を残したままの60代半ばの大人の男性の、実にまともな参考になる闘病記です。

 新しい化学療法・温熱療法・低濃度の抗がん剤を使用する「休眠療法」・自己リンパ球を使っての免疫療法など、さまざまな治療法を模索しながら、標準治療では延命も難しいスキルス胃がんを1年半乗り切って立派に人生を終えられました。
 本著はブログでの闘病記が本になったものです。



(書評:波多江 伸子)
 

目次

はじめに
発刊によせて 岸本葉子

第1章 スキルス胃がんと宣告されて

第2章 手術に向けた抗がん剤治療

第3章 新たな治療法の模索

第4章 延命治療へのシフトチェンジ

第5章 終末期をどう生きるか

第6章 在宅終末期日記「明日の風」

あとがきに代えて 自宅で父を看取るまで


著者について

河本勝昭(かわもと かつあき)(「BOOK」データベースより)
1941年、横浜生まれ。 東京電力を経て起業、食肉卸売業を始める。その後、会社員に戻り東京テレメッセージなどに勤務。東電時代から本格的に小説を書きはじめ、長編小説『冬の彷徨』を自費出版するなど、執筆を続ける。
2000年、自身のホームページ「かわもと文庫」を開設し、書きためていた小説やエッセイなどを発表する。65歳で退職後、スキルス胃がんを発症。以後、ホームページ上で「がんと向き合う」と題した闘病記を連載し、大きな反響を呼ぶ。
1年11ヵ月にわたる闘病ののち、2009年1月27日逝去(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
    ※ほかのブックレビューも読んでみる

  九州がん患者団体ガイドブックそばにいるね2010年度改訂版 妻を看取る日 がん患者、お金との闘い 65歳のがん治療日記
  病気になった時に読むがん闘病記読書案内 モルヒネはシャーベット さようならを言うための時間 からだに寄り添う
  春菜のおくりもの 九州がん患者団体ガイドブックそばにいるね2014年度福岡県版 わたしも、がんでした もしもがんが再発したら
  がんになったら手に取るガイド