このホームページはFCSC(福岡がんサポートセンター)が管理運営しています。がん・バッテン・元気隊の情報を中心に、情報発信をしています。


空タグ
 

トップ > がん・バッテン・元気隊とは > がん・バッテン・元気隊主催の「がんサロン」とは

  がん・バッテン・元気隊主催の「がんサロン」とは?

  2013年秋、がん患者ピアサポーターを福岡県で初めて養成する講座を開催し、約60名のピアサポーターが誕生しました。レポートを見てみる>>
   NPO法人ハッピーマンマ(理事長:大野真司医師)の助成と、九州がんセンターの協力のもとで開講したこの講座を1年間受講し、実習を重ねて巣立ったサポーターです。このピアサポーターが中心となり、病院や地域で「がんサロン」を運営し患者カウンセリングを展開しております。現在、下記の2箇所で運営しております。

サロン運営会議の様子
  福岡市市民福祉プラザでの、がんサロン
  ● 日時:毎月、第3日曜の13:30〜15:30
● 場所:福岡市市民福祉プラザ (外部サイトへリンクします)>>
● 参加費:500円 
● お問い合わせ先:080−1716−0410(サロン事務局・三谷)

がん患者・家族の語り合いと、訓練を受けた元気隊ピアサポーター(患者仲間です)による相談支援を行っております。
がんという病を抱えながらの生活は、いろいろな不安や心配があります。そんな時、がんと向き合い、元気に生活する“先輩”たちとのおしゃべりは、ふっと気が抜ける心地良いひとときかもしれません。
 患者同士が、互いを助け合い、支え合い、必要な情報や知恵を交換し、共有する。患者会は、患者が主役となってこうした活動を行っています。また、患者会に所属しない場合でも気軽に立ち寄れるよう、患者会が運営する患者サロンがあり、ここでは自由に患者同士の交流が行われています。
 がんの部位は問いません。参加予約は不要ですが、個別の相談をご希望の場合のみ申し込みが必要となります。ページ下部連絡先まで、お気軽にお問合せください。お待ちしております。
  九州がんセンターでの、がんサロン
  詳しくは「がん・バッテン・元気隊」の新着情報をご覧ください >>